コラム

野田市・流山市の司法書士・行政書士|相続・遺言、不動産

みずき総合リーガルサービス

〒278-0027 千葉県野田市みずき4-14-3
Call: 0120-011-705 0471253220
無料相談
年中無休 7:30~22:00|土日祝・夜間も無料相談OK

選ばれる理由reason

理由1 じっくり事情をお聞きしてからのご提案

理由1 じっくり事情をお聞きしてからのご提案

法律家としての、聞く能力と聴く能力

皆さんは、法律専門家が依頼者の話を聞き始めて、そこにクチをはさまないでいられる時間は平均どのくらいだと思われますか?・・・3分?・・・5分?
いいえ、なんと3秒だそうです(笑)。

当事務所では、じっくり事情をうかがいます。
普段どおりに、心ゆくまで、思いのままご相談ください。

法律専門職には聞く能力と、聴く能力の2つが必要と考えます。
この2つがどの程度備わっているかが、法律家の能力を測る物差しです。

聞く能力は、相談者の話を、じっくり、虚心坦懐に聞く能力です。
聞き上手は信頼関係をつくり、安易な法律判断を防止します。

聴く能力は、急所・要点をおさえて適切に発問する能力です。関連事項をまとめて効率よく。大局から細部へ順序立てて。相手の反論に備えて具体的に詳細に。(誰が、誰と、なぜ、いつ、どこで、誰に対して、どのような方法で、何をした等)

そして、依頼者の話が証拠に比べて、矛盾のない自然なものか確認します。

高度な交渉力と、こころの機微にふれる人間力

・相手の事情を見越して粘り強く交渉。

私は、相手の無用な警戒を解き、相手の立場を配慮しつつ適切な根拠を示して交渉することが得意です。紛争を解決するには、相手の考え方や立場を理解することが大切です。相手をよく知るからこそ、粘り強く交渉できるのです。

・粉骨砕身の努力と、心の機微にふれる人間力。

受任した以上は、勝つために粉骨砕身の努力をします。相手を納得させる根拠や意表を突く新事実を一つでも多く集め、譲歩を引き出します。

さらに大切なのは、人間力です。証拠の評価と使い方のノウハウや、駆け引きなど交渉の機微は、一朝一夕に身につくものではありません。これらは、一人の人間として年相応に苦労を重ね、人の気持ちや心の痛みを理解できるようになって、自然に備わるものだからです。

理由2 法律を上手に使う、チャレンジスピリット

やってみなはれ

サントリー創業者の鳥井信治郎が残した名言です。部下への指示はいつも「やってみなはれ」。チャレンジスピリットこそ企業活力の源泉であると考え、いまの輝かしいサントリーを作り上げました。

私は、法律家が案件に向き合う姿勢もこれと同じであると考えます。依頼人の「このようにしたい」というゴールがまず先にあって、その実現のために「法律を上手に使う」。あれこれ考え、研究し、法律構成を工夫するのです。法律・判例を所与のものとして、定型的なあてはめだけにとどめるのではありません。(もちろん、どんな無理でも通るというわけではありません。)

たとえば、相続放棄。亡くなった方に多額の負債がある場合によく使われます。相続するのか否か、3ヶ月の熟慮期間内に家庭裁判所に申述します。「既に3ヶ月が経過してしまったから、相続放棄はもはやできない」として、あきらめてしまう方も多いのです。しかし、熟慮期間の進行する時期については、裁判所は柔軟に解釈し、相続人に有利に運用されているため、3ヶ月経過後であっても申述受理されることが結構あります。逆に、受理してもらえるよう、事実を分析し、申述書をまとめるのが、法律家の腕の見せ所であるわけです。

ところが、司法書士の中には(まれに弁護士でも)これを知らず、3ヶ月経過後に莫大な負債があることが判明し、判例によれば相続放棄できる事例であるにも関わらず、これを考慮せず依頼人をミスリードしたのではないかと疑われる事例を見かけます。依頼人を守るために「法律を上手に使う」チャレンジスピリットと、それを支える知識とスキルは欠かすことができないのです。

最新の判決や学説、実務動向にいち早く対応

最新の判決や学説、実務動向にいち早く対応

私は、現在、慶應義塾大学法学部に在籍して民事法を研究しています。学歴は過去の栄光にすぎませんが、学問は現在に生きる力となります。大学に出入りしておりますと、膨大な資料に触れる機会が多く、最新の判例や学説の情報を得ることが容易です。今回の債権法改正に直接関わった著名な学者の講演にも当然参加しています。

また、司法書士会でも会員向けの実務研修を数多く行っています。現役の裁判官や民法、民事訴訟法学者をはじめ執行裁判所の書記官・執行官、各分野専門の弁護士、税理士から多くを学べる機会です。司法書士は年間12単位の研修単位修得が推奨されていますが、罰則がないため、残念ながらそれすらクリアできない会員が半分以上いるといいます。

私は年間200単位近く修得しています。こうした研鑽を2年、3年と続けていき、毎年積み重ねて行ったらどうでしょう。他の司法書士と資格の名称は同じでも、法律知識と法技術に関して、ハサミを開くように、圧倒的な差がつくと考えています。

理由3 リーズナブルな料金設定

理由3 リーズナブルな料金設定

分割払いも可能

当事務所は、民事訴訟だけでなく、相続登記や名義変更、債務整理、成年後見といったサービスについてもリーズナブルな料金設定にして、分割払いのご相談にも応じております。

専門職だからこそ提供できるサービスについて、職業を通じての社会貢献と考えており、特に成年後見の分野においては福祉関係の専門の方々と連携し、採算度外視で取り組むこともたびたびです。

経済的に余裕のない方には、『法テラス』のご利用をおすすめします。

経済的に余裕のない方には、『法テラス』のご利用をおすすめします。

『法テラス』は、国が設立した法的トラブル解決のための総合案内所で、経済的に余裕がない方のために弁護士・司法書士費用の立て替えを行っています(審査があります)。法テラスが司法書士に立て替えた費用は、生活に支障のない毎月5,000~10,000円程度の金額に分割して返済が可能。利息もかかりませんので安心です。

当事務所では、料金設定をお安くするだけでなく、経済的に余裕のない方には『法テラス』の利用を積極的におすすめしています。

※法テラスの利用には審査がありますので、全ての人が必ず利用できるわけではありません。

親切第一。土日祝・夜間の相談無料と出張無料相談

親切第一。土日祝・夜間の無料相談を実施。出張無料相談も承っています。

当事務所では、年中無休、社会の繁忙かつ夜型への生活スタイルの変化に合わせて、土日祝・夜間でも無料相談を行っております。たいていの事務所は土日祝は休み。平日夜間の対応はしないところがほとんどですから、多くの方に喜んでいただいています。時間を気にせず、お気軽にご相談下さい。

また、当事務所のある野田市近辺は、基本的にクルマ社会です。このため、ご不便を感じる方に対しては、無料で出張相談を行っております。相続や後見のご相談ではご高齢の方も多く、最近は気候不順で暑さ寒さも厳しいことが多いので、大変喜ばれております。

ページトップへ